教育・文化・スポーツ

指揮・管弦楽・ソリスト紹介

指揮者

指揮 今井 治人

1989年桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業。在学中より倉敷音楽祭管弦楽団に参加するなど演奏活動を始めた。コントラバスを小野崎充氏、指揮を阿部守弘、黒岩英臣、飯守泰次郎の各氏に師事した。

1994年洗足学園音楽大学附属指揮研究所マスターコース修了。指揮を秋山和慶、河地良智、増井信貴の各氏に師事した。スコアリーディングを島田玲子氏に師事。イタリアのシエナで開かれる、キジアーナ音楽院夏期セミナーに参加し、フェルディナント・ライトナー、イリヤ・ムーシンのクラスで研鑽を積んだ。二期会、東京オペラプロデュース、大田区オペラ協議会等では、若杉弘、大野和士、飯守泰次郎など、日本を代表するオペラ指揮者の公演アシスタントを務め、研鑽を積んだ。さらにミュージカル公演の指揮を務めるなど、その活動は幅広い。

現在、首都圏を中心とした各地のオーケストラに招かれ、活発な指揮活動を展開し、その演奏が高い評価を得ている。また、合唱音楽の分野にも力を注ぎ、東京アカデミー合唱団の合唱指揮者を務めるなど、多くの合唱団ですぐれた指導力を発揮している。

現在、佐賀大学文化教育学部准教授。

管弦楽

管弦楽 Mt.Fuji交響楽団

2009年1月16日『Mt.Fuji交響楽団』は静岡県12番目のアマチュアオーケストラとして富士のふもとに誕生しました。

今年5年目を迎える私たちM響は、プロのオーケストラとは一味違った、アマチュアならではの地域性ある活動を展開しながら、団の音楽レベルの向上を図るとともに、地域の音楽文化推進や国際交流に心を寄せながら、音楽を通して思いやりと癒し、元気と笑顔をお届けできるよう日々練習に励んでおります。

これまでに定期演奏会以外にも、学校教育支援事業活動として、御殿場市立朝日小学校、南中学校や県立特別支援学校での訪問演奏会を行って参りました。

また、地域文化推進活動としては、御殿場市民会館主催『カルチャースクール』への講師派遣協力や各地からの演奏依頼を受け、訪問コンサート活動、更にM響が企画制作をした弦楽アンサンブル「四季のしらべ」やオーケストラの楽器を体験(好きな楽器を試奏)できる企画として「音楽の森」を開催いたしました。

これからも地域の皆様からわが町のオーケストラ「M響」と愛されるように努力を続けてまいります。

静岡県アマチュアオーケストラ連盟、御殿場市文化協会、御殿場市国際交流協会に加盟。

ソリスト

ソプラノ 伊倉睦実

2007年昭和音楽大学大学院オペラ研究科修了。

ごてんば市民芸術祭ほのぼのコンサート、第4回市民自治創造・かわさきフォーラム卒業演奏会、学内特別演奏会、第73回読売新人演奏会、第209回青葉の街・土曜コンサート、静岡県人会主催・フレッシュコンサート。

ガブリエラ・トゥッチによる声楽家のための公開マスタークラス受講、第2回五十嵐学長賞声楽コンクールにて優秀賞受賞。副賞としてイタリアへ短期留学。橘田朋美、田野崎加代の各氏に師事。現在藤原歌劇団準団員。

2006年昭和音楽大学オペラ公演「愛の妙薬」アディーナ役のアンダースタディ、大学院修了オペラ公演「ランメルモールのルチア」ルチア役、2007年新百合ヶ丘キャンパスオープニング記念オペラ「愛の妙薬」ジャンネッタ役、日本初演オペラ「ピーア・デ・トロメイ」ビーチェ役では、2007年、2010年の2回出演、2011年「ファルスタッフ」ナンネッタ役、Luce dell´Opera「フィガロの結婚」スザンナ役。

松岡幸太・伊倉睦実デュオリサイタル開催。

第35回、36回「メサイア」公演ソプラノソリストとして2年連続出演。

2012年地元御殿場にて初のオペラコンサート開催。同年8月には地元出身者を中心としたガラ・コンサートに出演。春には御殿場市民オペラ「魔笛」夜の女王役出演予定。

 

アルト 髙村清子

御殿場市古沢出身。武蔵野音楽大学卒業。日本オペラ振興会オペラ歌手育成部第23期修了。イタリア・ヴィツェンツァにてオペラ研修参加。

これまでに声楽を阿川浩美、菊池英美、E・オブラスツォワ、下原千恵子、W・ボレッリの諸氏に、ピアノを髙村勝子、田村智子、壁谷文男、可児亜理の諸氏に師事。武蔵野音楽大学卒業演奏会、静岡県東部新人演奏会に出演。武蔵野音楽大学オペラ「魔笛」童子Ⅲにてオペラデビュー。第4回レ・スプレンデル音楽コンクール入選。第10回日本クラシックコンクール好演賞。オペラでは「カルメン」「仮面舞踏会」「魔笛」「こうもり」「ジャンニ・スキッキ」「椿姫」「蝶々夫人」「リゴレット」の他、多数の主要なメゾソプラノ役に出演。文化庁委託事業「藤原歌劇団による本物の舞台芸術(オペラ観劇「カルメン」)」全国ツアーに‘04~11年参加。

また、静岡交響楽団「フレンドリーコンサート」「音楽の宝石箱」に共演。‘07年ブルガリア・ソフィア国立交響管弦楽団主催「フィガロの結婚」マルチェリーナ役に出演。

‘08年小澤征爾音楽塾「こうもり」合唱団として参加。‘08年シティFM静岡(76.9FM・Hi!)「Mrs.Radio(クラシックコーナー)」にて県内で活躍する音楽家として紹介される。 ‘09年ソロリサイタルを御殿場市民会館にて開催。‘10年ホテルオーベルジュ・ブランシュ富士にてクリスマスディナーショー開催。‘12年藤原歌劇団本公演「フィガロの結婚」マルチェリーナアンダースタディ。

現在、静岡~首都圏を中心に演奏活動と後進指導を精力的に行っている。静岡県演奏家協会会員。東京オペラシンガーズメンバー。御殿場市民オペラ会員。藤原歌劇団準団員。

 

テノール 青地英幸

モーツァルト「ドンジョヴァンニ」「魔笛」「コシ・ファン・トゥッテ」「後宮よりの逃走」、「偽りの女庭師」、ロッシーニ「オテロ」、チマローザ「秘密の結婚」、グノー「ロメオとジュリエット」(日本初演)、ヴェルディ「王国の一日」(日本初演)「2人のフォスカリ」(日本初演)、R.ヴォーン・ウィリアムズ「恋するサー・ジョン」(日本初演)、ヴェルディ「ラ・トラヴィアータ」「リゴレット」、プッチーニ「ラ・ボエーム」、ビゼー「カルメン」、ベルリオーズ「ファウストの劫罰」その他、多くのオペラに出演。

日本初演物などにも意欲的に取り組み、オペラの舞台を中心に活動。輝かしい声と表現力豊な音楽性で高い評価を得ている。

また新国立劇場では「おさん」・「ホフマン物語」・「ばらの騎士」・「ムチェンスク郡のマクベス夫人」・「友人フリッツ」・「セルセ」に出演。その他カヴァー歌手として多数のオペラにかかわる。

またロッシーニ「スターバト・マーテル」、ベートーヴェン「第九」、ハイドン「天地創造」、モーツァルト「レクイエム」、ヴェルディ「レクイエム」、メンデルスゾーン「エリア」等ソリストとしても幅広く活躍している。

成城大学合唱部ヴォイストレーナー。コールペガサス専属ヴォイストレーナー。

東京室内歌劇場会員。東京オペラ・プロデュース・メンバー。東京オペラ・インスティテュート講師。

 

バリトン 成田 眞

名古屋市出身。東京都北区在住。

愛知教育大学教育学部を経て、東京藝術大学音楽学部声楽科を首席で卒業。同大学院修士課程オペラ科修了。声楽を中川牧三、畑中良輔、小野光子、平野忠彦、カルロ・メリチャーニ(イタリア・ミラノ留学中)の各氏に師事。

類まれな才能は学生時代から注目され、18歳より演奏活動を開始。1991年、1993年には、東京藝術大学主催「メサイア」「第九」のバス・ソロに選ばれる。

コンサートにおいては、バッハ「マタイ受難曲」「ヨハネ受難曲」「ロ短調ミサ」、ハイドン「四季」「天地創造」等、内外の著名な指揮者や交響楽団との共演の数は枚挙に暇がない。

小澤征爾音楽塾公演「ドン・ジョヴァンニ」、ヘネシー・オペラ・シリーズ「魔笛」、東京オペラの森「エレクトラ」「オテロ」では、数少ない日本人キャストとの一人として小澤征爾と共演。1996年、1997年には、日豪親善コンサートの日本側ソリストとしてシドニー・オペラ・ハウスに招聘され、「第九」のバス・ソロをつとめる。数多くの合唱団のヴォイス・トレーナーや合唱指導、全国各地での発声講習会、また後進の指導にもあたっている。

現在、日本体育大学・同女子短期大学部非常勤講師、日本・ロシア音楽家協会会員、二期会会員。全国大学音楽教育学会所属。

 

お問い合わせ

市役所1階 文化スポーツ課
TEL:0550-82-4319
E-mail:bun-spo@city.gotemba.shizuoka.jp