くらし

軽自動車税

軽自動車税は、軽自動車等の所有に対して課税される財産税的性格のものですが、道路に対する負担金的性格も備えています。

課税される車両

原動機付自転車、軽自動車、小型特殊自動車及び二輪の小型自動車(以下「軽自動車等」といいます。)

納税義務者

毎年4月1日(賦課期日)現在で軽自動車等を所有するかた。なお、軽自動車等を月賦等により購入されたかたで所有権留保がされている場合は、買主又は使用者のかたにおさめていただくことになります。

課税標準および税額

 

軽四輪自動車等

◎平成28年度から「初度検査年月」に応じた税率(年税額)が適用されます

初度検査年月とは、自動車検査証に記載されている最初に車両番号の指定を受けた年月のことです。

①現行税率 ・・・・・・・・・「初度検査年月」が平成27年3月31日以前の車両

②新税率 ・・・・・・・・「初度検査年月」が平成27年4月1日以降の車両

③グリーン化特例(軽課)※1・・「初度検査年月」が平成27年4月1日から平成28年3月31日までの車両で、一定の環境性能を有するもの

④経年重課税率 ※2・・・・・「初度検査年月」から13年を経過した車両

課税標準および税額一覧【PDF:63KB】

   ※1…環境保全の観点より、初度検査から13年を経過した軽四輪車等について経年重課税率が適用されます。ただし、電気軽自動車、天然ガス軽自動車、メタノール軽自動車、混合メタノール軽自動車、ガソリンを内燃機関の燃料として用いる電力併用軽自動車(ハイブリッド車)、被けん引車は、経年重課の対象から除外されます。

※2…平成29年度も軽自動車のグリーン化特例(軽課)が適用されます(1年延長)。

平成28年度に引き続き、平成28年4月1日から平成29年3月31日までに新規 取得し、下記の環境性能を満たす三輪・四輪の軽自動車は、平成29年度分の軽自動車税に限りグリーン化特例(軽課)が適用されます。各燃費基準の達成状況は、自動車検査証の備考欄に記載されています。

軽自動車のグリーン化特例一覧【PDF:48KB】

原動機付自転車・小型特殊自動車及び二輪車

平成28年度から新税率が適用されます

新税率一覧【PDF:52KB】

申告

軽自動車等を所有されたときは15日以内に、軽自動車等の廃車や譲渡などにより所有されなくなったときは30日以内にそれぞれ申告していただくことになっています。

納税

納期は5月末日です。市役所からの納税通知書により納めていただきます。コンビニエンスストアでも納付ができますので、ぜひご利用ください。

軽自動車の手続き

軽自動車税には月割課税がありません。4月2日以降に軽自動車を購入したり譲り受けても、その当該年度は課税されません。また、4月2日以降に廃車をしたり人に譲っても税金の戻しはありません。紛失や不要になった軽自動車等の廃車手続きは4月1日までにお願いいたします。

◎原動機付自転車・小型特殊自動車

市役所税務課(1階) TEL:0550‐82‐4128

◎軽二輪車(125㏄超~250㏄以下)

軽自動車販売店協会(長泉町下土狩鮎壺1069-1) TEL:055‐988‐4022

御殿場自家用自動車協会(御殿場市萩原673-1) TEL:0550‐82‐1451

 

◎軽三輪・軽四輪自動車

軽自動車検査協会(長泉町下土狩鮎壺1069-1) TEL:050‐3816‐1778

御殿場自家用自動車協会(御殿場市萩原673-1) TEL:0550‐82‐1451

◎二輪の小型自動車(250㏄超)

沼津自動車検査登録事務所(沼津市原字古田2480) TEL:050‐5540‐2051

御殿場自家用自動車協会(御殿場市萩原673-1)   TEL:0550‐82‐1451

問い合わせ:市役所1階 税務課 TEL:0550-82-4128