くらし

公的年金からの特別徴収制度について

地方税法の改正により、平成21年10月から公的年金に係る所得に対する個人住民税の納付方法が変わりました。公的年金を受給されていて、前年中の年金所得に係る住民税の納税義務のある方は、公的年金から特別徴収(天引き)されることとなります。

対象者

4月1日現在65歳以上の方
※ただし、下記のような方等は対象となりません。

  • 特別徴収(天引き)される税額が年金額より多い方
  • 支給額が年額18万円未満の方
  • 介護保険料が年金から特別徴収(天引き)されていない方

対象となる年金

老齢年金、退職年金等(遺族年金、障害年金は対象外)

徴収する税額

公的年金等に係る個人住民税(均等割+所得割)
※公的年金以外の所得に係る個人住民税はこれまで通り別途納付 

徴収方法

平成25年度税制改正で、年間の徴収税額の平準化を図るため、仮特別徴収税額を前年度の年税額の2分の1に相当する額とする算定方法に見直しがされました。

この税制改正は平成28年10月1日以後に実施する特別徴収から適用となります。

【特別徴収継続者】

納付方法 特別徴収(年金からの引き落とし)
仮徴収本徴収
納付月4月6月8月  10月12月2月

改正前

徴収税額

各月の徴収税額=前年度2月徴収税額と同額 各月の徴収税額=年税額から仮徴収税額を控除した額の3分の1

改正後

徴収税額

 各月の徴収税額=前年度年税額の6分の1各月の徴収税額=年税額から仮徴収税額を控除した額の3分の1 

【新規特別徴収対象者】

納付方法

普通徴収

(納付書等による納付)

特別徴収

(年金からの引き落とし)

納付月6月8月10月12月2月
税額各月の徴収税額=年税額の4分の1各月の徴収税額=年税額の6分の1

 

※年金以外の所得に係る住民税がある方は、図の「年税額」を「年金所得に係る住民税額」に読み替えてください。

特別徴収が停止される場合

次のような事由が生じた場合、公的年金からの特別徴収が停止されます。

  1. 御殿場市の介護保険料が公的年金から特別徴収されないとき
  2. 御殿場市から転出し、御殿場市の介護保険被保険者でなくなったとき
  3. 公的年金から特別徴収されている方がお亡くなりになったとき(亡くなられた方の未徴収分の納税通知書(普通徴収)は、相続人の方へ送付いたします。)
  4. 所得税の確定申告、市・県民税の申告等により税額が変更となったとき
  5. 公的年金等支払者からの再裁定等により、支払金額が変更され税額が変更となったとき

※平成25年度税制改正で、上記事由のうち2,4,5に該当するケースの場合、一定の要件の下、年金からの特別徴収が継続することとなりました。この税制改正は平成28年10月1日以後に実施する特別徴収から適用となります。

お問い合わせ

市役所1階課税課 TEL:0550-82-4129