くらし

所得控除

所得から次のものが差し引かれます。

雑損控除

次のいずれか多い方の金額

  • (損失額-保険等により補てんされた額)-(総所得金額等の合計額)×1/10
  • 災害関連支出の金額-5万円

医療費控除

(支払った医療費-保険等により補てんされた額)-{(総所得金額等×5/100)又は10万円のいずれか少ない金額}
(限度額200万円)

社会保険料控除

支払った額

小規模企業共済等掛金控除

支払った額

生命保険料控除

新契約に係る保険料については、一般生命保険料控除、個人年金保険料控除、介護医療保険料控除、いずれも下記に基づき計算します。

年間の支払保険料等控除額
12,000円以下支払保険料等の全額
12,000円超 32,000円以下支払保険料等×1/2+6,000円
32,000円超 56,000円以下支払保険料等×1/4+14,000円
56,000円超28,000円

※一般生命保険料控除、個人年金保険料控除、介護医療保険料控除の合計で、70,000円が控除の限度額です。

旧契約に係る保険料については、下記のとおりです。

年間の支払保険料等控除額
15,000円以下支払保険料等の全額
15,000円超 40,000円以下支払保険料等×1/2+7,500円
40,000円超 70,000円以下支払保険料等×1/4+17,500円
70,000円超35,000円

※一般生命保険料控除、個人年金保険料控除の合計で、70,000円が控除の限度額です。

新旧契約がある場合の控除額の計算

控除の区分毎に、それぞれ下記の計算方法があります。
イ 新契約と旧契約それぞれで計算した金額の合計額(限度額28,000円)
ロ 新契約のみで計算した金額(限度額28,000円)
ハ 旧契約のみで計算した金額(限度額35,000円)

地震保険料控除

地震保険料については、下記のとおりです。

年間の支払保険料等控除額
50,000円以下支払った保険料の金額×1/2
50,000円超25,000円

旧長期損害保険料については、下記のとおりです。

年間の支払保険料等控除額
5,000円以下支払った保険料の全額
5,000円を超 15,000円以下支払った保険料の金額×1/2+2,500円
15,000円超10,000円

地震保険料と旧長期損害保険料がどちらもある場合の控除額の計算
 上記に従いそれぞれ計算した金額の合計額(限度額25,000円)

障害者控除

障害者である納税義務者、控除対象配偶者及び扶養親族1人につき…26万円
(特別障害者については…30万円)
(同居特別障害者については…53万円)

寡婦(寡夫)控除

納税義務者が寡婦(寡夫)である場合には…26万円
(合計所得金額が500万円以下で、かつ、扶養親族である子がある寡婦の場合には…30万円)

勤労学生控除

納税義務者が勤労学生である場合には…26万円

配偶者控除

控除対象配偶者…33万円
(控除対象配偶者が70歳以上の場合には…38万円)

扶養控除

ー般の控除対象扶養親族1人につき…33万円
※扶養親族のうち、年齢16歳以上の人をいいます
(扶養親族が19歳~22歳の場合には…45万円)
(扶養親族が70歳以上の場合には…38万円)
(扶養親族が同居老親等の場合には…45万円)
※納税義務者又はその配偶者の直系尊属で同居している70歳以上の者

基礎控除

33万円

お問い合わせ:市役所1階 課税課 TEL:0550-82-4129