健康・福祉・子育て

国民年金

高齢になり働けなくなったり、病気やけがで障害者になったり、一家の働き手が亡くなった時など、老後や不慮の事故に備え、将来の生活基盤として設けられた制度です。
日本国内に住所がある20歳から60歳までのすべての人が加入します。

加入者の種類

加入者は職業などにより次の3つのグループに分けられます。

  1. 第1号被保険者:学生、自営業者や農業を営む人とその配偶者
  2. 第2号被保険者:厚生年金保険、共済組合の加入者
  3. 第3号被保険者:2.に扶養されている配偶者

こんな時は市役所へ届け出を!

第2号被保険者や第3号被保険者が第1号被保険者になったときは、市役所へ届け出が必要になります。年金手帳に、勤め先の証明印のある脱退連絡票を添えて届け出をしてください。

こんな年金が受けられます(国民年金) 

老齢基礎年金25年以上の資格期間のある人が65歳から受給できます。
希望により、60歳から繰り上げ請求することもできます。また受け取りの開始を繰り下げることも可能です。
これらの場合、年金額は請求したときの年齢に応じて、一定の割合で減額(増額)されます。
障害基礎年金加入中の病気やけがで1・2級の障害の状況になったとき、一定の条件で受けられます。
20歳前に1・2級の障害者であった人にも年金が支給されますが、この場合、本人の保険料納付実績のない年金給付ですので、所得制限が設けられています。
遺族基礎年金加入者が亡くなったとき、一定の条件で18歳未満の子のある配偶者または子に支給されます。
その他、寡婦年金、死亡一時金などがあり、条件に応じて支給されます。

保険料

国民年金は、保険料を納めることで、将来の生活に備えることができます。

未納のままにしておくと老齢基礎年金ばかりでなく、障害基礎年金や遺族基礎年金が受けられなくなることもありますので、保険料は納め忘れのないようにしましょう。

また納めた保険料は、全額社会保険料控除として所得から差し引かれますので、年末調整や確定申告のとき忘れずに申告してください。

保険料の免除・猶予の手続きについて

経済的な理由等で保険料を納めることが困難な場合に、申請をすることで保険料が免除・猶予できる制度があります。なお、申請は市役所または年金事務所の窓口となります。申請に必要な書類についてはお問い合わせください。平成26年4月から免除等の申請できる期間が2年1ヶ月前の分まで拡大されました。

保険料の申請免除

所得が少ないなどの経済的事情で保険料を納めることが困難な人や、失業により雇用保険受給者証の交付を受けた人などで、本人と配偶者及び世帯主の所得が一定額以下である場合、保険料が免除になります。

学生納付特例

規定の大学・大学院・短大・専門学校等に在学する20歳以上の学生で、本人の所得が一定額以下である学生の在学期間中の保険料を猶予します。

若年者納付猶予

他の年齢層に比べ所得が少ない若年層(30歳未満)の人で、本人及び配偶者の所得が一定額以下である場合、保険料を猶予します。

「ねんきんダイヤル」サービスについて

年金の受給・手続き・各種通知などについてのお問い合わせにお答えします。
受付時間は午前8時30分から午後5時15分までです。(土・日・祝日などを除く)

0570-05-1165 (イイロウゴ)

※IP電話・PHSからは「03-6700-1165」にお電話ください。

※その他国民年金についての最新の詳しい情報(申請・届出・Q&A等)は、
日本年金機構の公式ホームページでご覧になれます。
http://www.nenkin.go.jp/

お問い合わせ

市役所1階 国保年金課 TEL:0550-82-4122