健康・福祉・子育て

退職者医療制度

長い間勤めた会社などを退職して国保に加入している人のうち、老齢(退職)年金を受けている65歳未満の人とその家族(65歳未満の人に限ります。)は、退職者医療制度で医療を受けられます。

窓口負担などは、一般の国民健康保険と変わりはありませんが、国民健康保険の負担軽減になりますので、必ず届け出をお願いします。

退職被保険者

区分適用要件
退職者本人
  • 国保に加入している 65歳未満ので平成27年3月31日以前に国民健康保険に加入した人。
  • 厚生年金や共済年金などの年金を受けている人で、加入期間が20年以上か、40歳以降に10年以上ある人
退職者被扶養者
  • 国保に加入している65歳未満の人(退職者本人が65歳以上になった場合は該当しません。)
  • 退職者の配偶者、父母、子など同一世帯に属する三親等内の親族で、年間の収入が130万円(60歳以上の人や障害者は180万円)未満の人

申請に必要なもの

  • 年金証書(年金手帳ではありません)または年金特別便など加入月数の分かるもの
  • 保険証
  • 印鑑

お問い合わせ

市役所1階 国保年金課 TEL:0550-82-4121