健康・福祉・子育て

子ども手当

「子ども手当認定請求書」の提出期限について

平成23年9月30日時点において養育していた子どもについての平成23年10月分から平成24年3月分までの子ども手当は、平成24年9月30日までに手続きをすれば、さかのぼって受給することができます。

また、上記の子ども手当の受給資格を認定された人が、平成24年4月1日時点において児童手当を受給するための要件を満たしている場合は、受給資格が継続され、平成24年4月分以降の児童手当を引き続き受給することができます。

※期限までに手続きされなかった場合は、手当を受け取ることができなくなりますのでご注意ください。

「子ども手当認定請求書」の提出方法

受付場所

市役所1階 子育て支援課

受付時間

8時30分~17時15分(土・日・祝日を除く)

受付期限

窓口に提出する場合…平成24年9月28日(金)※29日、30日は閉庁です。

郵送で提出する場合…平成24年9月30日(日)消印有効

あて先

〒412-8601 御殿場市萩原483 御殿場市役所 子育て支援課

必要書類等

  • 子ども手当認定請求書
  • 請求者の印鑑
  • 請求者の健康保険証の写し
  • 請求者名義の普通口座の通帳等のコピー(口座を変更する場合のみ必要となります)
    ※その他必要に応じて書類を提出していただく場合があります。

※子ども手当の対象と見込まれる世帯には、平成23年10月下旬に「子ども手当認定請求書」をお送りしましたが、用紙がお手元に無い場合は、再発行しますので、子育て支援課までご連絡ください。

※この取扱いは、請求者となる人が平成23年9月30日時点において養育していた子どもを対象としたものです。

この制度による手当の支給は、平成24年3月分(支給は、24年6月)までです

子ども手当とは

  • 次代の社会を担う子どもの健やかな育ちを社会全体で支援することを目的に、中学校修了までの子どもを養育している人に支給される手当です。

誰が手当を受けられますか?

※中学校修了前(15歳到達後、最初の年度末まで)の国内に居住している子どもを養育している人が支給対象となります。(留学等は除く)
(父母ともに子どもを養育している場合は、所得の多い人)
※所得制限はありません
※子どもと同居している人
(単身赴任は除く、単身赴任先の住所地で手続きをしてください)
※離婚協議中により夫婦別居中の場合は、子どもと同居している人
(事実を証明する書類の提出が必要です)
※家庭を離れ施設入所等している子どもについては、施設が所在する市町村から、設置者等に支給する形で支給します。
※公務員の人は、勤め先で手続きをしてください。

どうしたらもらえますか?

※子ども手当は、市に請求手続きをして認定を受けないと受給できません

(1)受付窓口 子育て支援課(市役所1階)
(2)受付時間 8時30分~17時15分(土・日曜日、祝日、年末年始を除く)
(3)必要書類等

  • 印鑑
  • 請求者名義の口座番号が分かるもの(預金通帳等の写し)
  • 請求者の健康保険証の写し(厚生年金等加入者等)
  • その他必要に応じて書類を提出していただくことがあります

※子どもの出生または転入による請求手続きの場合、原則として手続きの翌月分から支給されます。ただし、月末に出生または転入した場合は、特例により出生または前市区町村の転出(予定)日の翌日から15日以内に手続きすれば、出生または転入の翌月分から支給されます。

※夜間受付に出生届を提出した場合や、里帰り出産等で御殿場市以外の市区町村に出生届を提出した場合も、子ども手当の請求手続きを忘れずに行ってください。

支給方法は?

※請求手続きの時に指定された、受給者名義の口座へ振り込みます。
支給月 6月(2,3月分)

※振込先口座の解約、変更の場合は、手続きが必要となりますので、必ずご連絡ください。

引っ越しの時は?

※子ども手当は、日本全国どこでも同じ条件で受けられます。

※市外転出の場合は、子育て支援課で手続き(消滅届)が必要です。

※御殿場市における子ども手当の支給は、転出(予定日)の属する月分までで終了となり、未払い分がある時は従前指定されていた口座に振り込みます。

※市内転居に伴い電話番号を変更された場合は、子育て支援課で届出をしてください。

問い合わせ

市役所1階 子育て支援課 TEL:0550-82-4124