健康・福祉・子育て

介護が必要な人・家族に

家族介護用品支給事業

●目的:ねたきり老人などに対し、介護用品を支給することにより日常生活の便宜や福祉の増進を図る。
●対象:65歳以上で要介護3以上の認定を受けている、もしくは、訪問調査等の結果により、市長が給付の必要を認め、在宅で介護を受けている人
●内容:紙おむつとゴミ袋を年1回支給します。

  • 紙おむつ 12,000円以内で現物を支給
    種類は要望に答えられるよう数種類のなかから選択できます。
  • ゴミ袋 年間50枚

●申し込み:介護福祉課

訪問理美容サ-ビス

理髪店や美容院に出向くことが困難な人に訪問して理美容のサ-ビスを実施することにより、快適な在宅生活を支援する。

  • 対象:理髪店や美容院に出向くことが困難な人に訪問して理美容のサ-ビスを実施することにより、快適な在宅生活を支援する。
  • 内容:散髪、整髪などを希望する対象者のお宅に、理容師または美容師派遣するサ-ビスです。年4回まで
  • 利用料:派遣料 無料、理容・美容に係る費用は実費負担
  • 申し込み:福祉事務所 介護福祉課 各地域包括支援センター
  • 決定:福祉事務所で状況を調査し決定します。

車イスの貸し出し

在宅で車イスの必要な人に無料で車イスを貸し出します。

  • 申し込み:福祉事務所 介護福祉課・社会福祉協議会

福祉車両の貸し出し

日頃車イスを使われている人や歩行困難な人の外出に福祉車両の貸し出しをします。また、運転を代行するボランティアの紹介もいたします。

  • 利用料:ガソリン代は実費負担(市外の場合)
  • 申し込み:社会福祉協議会 TEL:0550-70-6801

家族介護慰労金事業

  • 対象:要介護4・5と認定され、認定日から1年間介護サ-ビスを利用しなかった要介護者を介護している同居の介護者で、非課税世帯の人
  • 内容:対象者に年1回、100,000円を支給します。
  • 申請:福祉事務所 介護福祉課

ホ-ムヘルパ-養成研修助成

介護保険サ-ビスが円滑に提供されるようホ-ムヘルパ-の人材の育成と確保および高齢者が家族介護により在宅生活が続けられるよう人材育成をする。

  • 内容:市内に住所があり、実際に家族を介護している人または、過去3年以内に介護していた人が県知事指定の2級課程または3級課程のホ-ムヘルパ-養成研修を終了したとき、3万円を限度に助成します。
  • 申請:養成研修の修了証書写、受講料およびテキスト代の領収書を添付して、福祉事務所 介護福祉課へ申請書を提出する。

在宅介護家族の会

寝たきり高齢者や認知症の高齢者を介護している家族が、介護に関する情報交換やリフレッシュを目的として毎月介護者交流会を開催しています。

御殿場市高齢者福祉サービスについての照会及び申し込みは下記へ

  • 御殿場市福祉事務所介護福祉課 TEL:0550-83-1463
  • 御殿場市社会福祉協議会 TEL:0550-70-6801

御殿場市には地域包括支援センターが4カ所設置されています。原則的にお住まいの地区により、利用できるセンターが決まっています。

住んでいる地区
地域包括支援センター
電話番号
御殿場地区
十字の園
0550(84)5950
玉穂地区・高根地区
菜の花(御殿場市社会福祉協議会)
0550(70)6804
原里地区・印野地区
あすなろ
0550(89)7929
富士岡地区
富岳
0550(87)6873

地域包括支援センターとは、保健・介護・福祉の専門職が連携して、地域の高齢者への総合的・継続的な支援をする事業所です。主な仕事に次のものがあります。

  1. 総合相談・支援
    高齢者やその家族からの様々な相談を受け、どのような支援が必要か把握し、適切なサービス機関又は制度の利用につなげる支援を行います。
  2. 権利擁護、虐待防止・早期発見
    高齢者の人権や財産を守る権利擁護事業の拠点として成年後見制度の活用促進や虐待の早期発見・防止を進めます。
  3. 包括的・継続的ケアマネジメント支援
    高齢者が適切なサービスを継続的に利用できるように、主治医と介護支援専門員の連携をお手伝いします。
  4. 介護予防ケアマネジメント
    介護予防対象者の状態の把握や介護予防プランの作成、評価などを行います。
    「要支援」と認定された方のケアプランの作成をします。

お問い合わせ

福祉事務所 介護福祉課(市役所西館) TEL:0550-83-1463