ここでは御殿場市消費生活センターから「知って得する暮らし上手のヒント情報」等を書き込んでいきます。メール登録して頂くと、情報があなたの登録メールに届きます。 どうぞご自由に「メール登録」から登録してください。
賃貸住宅の退去トラブルに遭わない為に 2018/04/05 (Thu)
 毎年、「賃貸住宅の退去後、原状回復費用として高額な修繕費を請求された。原状回復の考え方を知りたい」との相談が寄せられます。
 そこで、国土交通省の示している、『原状回復をめぐるトラブルとガイドライン』について、ご紹介します。
【ガイドラインの考え方】
●借主の責任とならないもの〜通常の住まい方をしていても生じる損耗(畳や壁紙の日焼けなど)は、借主の責任とはなりません。
●借主の責任となるもの〜通常の住まい方を超え、壊したり、汚したりした場合は、故意・過失にかかわらず、借主が責任を負います。
●修繕の責任範囲〜借主に責任があっても、責任の範囲は、汚損や破損箇所を含む修繕可能な施工単位に限定されます。
 トラブルを防止する為には、契約前に汚損や破損箇所を写真に撮っておいたり、契約書の内容をよく理解したりすることが大切です。
 不明な点は、市消費生活センターへお問い合せください。
着物などのレンタル契約をする前に 2018/03/07 (Wed)
 報道でも大きく取り上げられましたが、成人式の日、事業者が突然閉鎖し、連絡が取れなくなり、着るはずの着物が届かない事態となりました。
 既にレンタル料などの代金を支払っている人が、どこまで被害救済されるか心配なところです。
 今後、トラブルに遭わないために、着物などのレンタル契約をするときには、以下のポイントを確認しましょう。
1.レンタルする商品の内容
2.レンタル以外のサービス内容(着付けや写真撮影など)
3.料金
4.レンタルの期間
5.契約の成立時期
6.キャンセル料
 事業者は、「今だけお得なキャンペーン」「期間限定」などと言って、早期の契約を迫ります。
 早期の契約は、事業者の倒産や消費者にも不測のできごとが起こるリスクがあります。契約はよく考えて慎重にしましょう。
高齢者を事故から守るために! 2018/02/05 (Mon)
高齢者は、加齢に伴い筋力、視力、平衡感覚のなどの身体的な機
能が低下します。そのため、住居の階段や床、段差などが高齢者に
とって危険なものになっています。
一方で、製品のリコール、誤使用による事故も発生していますが、
高齢者にはネットを利用していない人も多く、これらの情報が届き
にくい傾向があります。
[事故例]
・足がもつれて階段から転倒した。
・傾いた場所で脚立を使用し、転倒した。
・リコール対象の電気カーペットから発煙した。
[チェックポイント]
・小さな段差や電源コードなど危険となる箇所を減らす。
・高齢者が作業をしている場合は、見守り、必要に応じて作業を補助する。
・使用している製品がリコール対象となっていないかを「消費者庁リコール情報サイト」で検索する。

簡単に儲かる話はありません! 〜情報商材のトラブルにご注意〜 2018/01/05 (Fri)
【事例】「簡単に収入が増える」というネット広告を見てアドレス登録すると、「仮想通貨を運用し月50万円を必ず分配する仕組みがある」という内容の入会を誘う動画やメールがスマホに届いた。入会金を支払うと、情報商材が届きダウンロードしたが、リスクの伴う投資を勧める内容だった。その上、分配金をもらうには更に50万円の支払いが必要という。話が違うので解約したい。
 『情報商材』とは、ネットで販売されているお金の儲け方などの情報のことです。ネットには、さも簡単に儲けられるような広告が多く見られます。しかし、実際には、
・情報を得るために高額な支払いを求められ、儲かるどころか支払いが残った
・お金を払った途端に連絡が取れなくなった
・ダウンロードしたことを理由に解約や返金を拒否された
などのトラブルも発生しています。
 簡単に儲かる話はありません。契約する前に冷静に考えましょう。困った時は、市消費生活センターへご相談ください。
架空請求ハガキの相談が急増!! 2017/12/05 (Tue)
 「『総合消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ』というタイトルで、『契約会社ないしは運営会社から契約不履行による民事訴訟として、訴状が提出されました事をご通知致します』とのハガキが届いた。全く身に覚えはないが、放っておくと本当に裁判になってしまうのか」といった相談が、今年度に入って急増しています。
 これは、10年以上前にも大流行したいわゆる『架空請求ハガキ』です。裁判取り下げ最終期日が書かれていますが、これには考える時間を与えず、すぐに電話を掛けさせようとする狙いがあります。
 ハガキに書いてある番号に電話を掛けると「未納になっている料金を支払えば、裁判を取り下げる。コンビニでギフト券を買って番号を教えるように」と指示されます。この番号を相手に教えるとお金を渡したのと同じことになってしまいます。
 事例のようなハガキが届いたら相手には絶対に電話せず、市消費生活センターに相談してください。
光回線サービスのトラブル 急増中! 2017/11/07 (Tue)
[事例]
 大手電話会社の代理店を名乗り「新サービスです」と電話がかかってきた。てっきり現在契約している電話会社からの新サービスの案内だと思い、話を聞いた。「利用料金が今よりも安くなる」と説明され、担当者に言われるままパソコンを操作した。数日後に届いた登録完了通知を見ると、利用料金が高いうえに、別業者との契約になっていた。
[チェックポイント]
〇即決せず、現在何を契約して、いくら支払っているのかなど、契約内容を  確認すること。
〇現在の契約内容が分からなければ通信会社に確認し、そのうえで、比較検討 すること。
〇勧誘を受けた際は相手が現在契約している事業者なのか、それとも別業者な のか、必ず確認すること。
 トラブルになった場合は、市消費生活センターに相談しましょう。
IT機器を安全に使うために〜リチウムイオン電池との上手な付き合い方〜 2017/09/05 (Tue)
 ゲーム機や携帯電話、スマートフォン、モバイル端末機器などに使われているリチウムイオン電池は、正しい使い方をしないと電池パックの発熱、破裂、発火などの危険があります。次のことを守って、安全に利用しましょう。
●高温になる場所での充電はしないこと
●充電した状態での機器の使用は控えること
●満充電後は充電器から外しておくこと〜満充電後も充電を続けると、電池の劣化を早めます。
●電池の使用できる時間が短くなったら、新しい電池に取り替えること〜電池には寿命があります。寿命を過ぎても使用を続けると膨張する可能性があります。
●発熱、膨張など異常を感じたら使用や充電をやめること
 また、取扱説明書をよく読み、分からないことがあればメーカーや販売店に確認するようにしましょう。
ハチミツを与えるのは1歳を過ぎてから 2017/08/07 (Mon)
 今年3月、都内に住む乳児がハチミツが原因とされる乳児ボツリヌス症により、死亡する事故が発生しました。ボツリヌス菌は、土壌などに広く存在している細菌です。
大人の腸内では、ボツリヌス菌が他の腸内細菌との競争に負けてしまうため、通常、何も起こりません。
しかし、腸内環境の整っていない赤ちゃんの場合、ボツリヌス菌が腸内で増えて毒素を出すため、便秘、哺乳力の低下、首のすわりが悪くなるなどの症状を引き起こすことがあります。ほとんどの場合、適切な治療により治癒しますが、まれに亡くなることもあります。
 ボツリヌス菌は熱に強いので、通常の加熱や調理では死にません。1歳未満の赤ちゃんにハチミツやハチミツ入りの飲料・お菓子などの食品は与えないようにしましょう。
旅行予約サイトの利用は慎重に! 2017/07/05 (Wed)
「現地で予約が取れていなかった」「代金を二重に請求された」「日本語の顧客対応窓口がない」「半年後の航空券を解約しようとしたら代金の50%の解約料を請求された」などインターネットで予約した旅行に関するトラブルが増加しています。
[契約前の注意点]
@ホームページに、旅行業法に基づく、登録番号の記載があるか確認しましょう。
(※)記載がない旅行会社と契約すると法律上の保護が受けられません。
A海外の事業者の場合は、顧客対応窓口への連絡手段(電話、メールなど)や日本語対応をしているか確認しましょう。
B解約料などの契約条件や予約内容をよく確認しましょう。

 契約後は、予約確認メールなど証拠となるものは旅行が終わるまで大切に保管してください。
トラブルになったら、すぐに市消費生活センターに相談しましょう。

※記載例・・・「観光庁長官登録旅行業第○○○号」、

       「○○県知事登録旅行業第〇―〇○号」など


SMSだけではない架空請求の手口 2017/05/22 (Mon)
 前号で、SMS(※)での架空請求の事例を紹介しましたが、他の手口による架空請求の相談も寄せられています。
●電話に着信を残す手口
 知らない番号からの着信に、折返し電話すると、「有料動画サイトの利用料金が未払いとなっています。今回の請求内容について知りたい方は1を、強制執行の手続きに関することは2を、身に覚えのない方は3を押してください」などの音声ガイダンスが流れます。番号を選択すると、債権回収を依頼されたという会社から請求を受けることになります。
●ハガキを送ってくる手口
 「貴方の未納された料金について契約会社ないしは運営会社から訴状を提出されました」などと裁判を起こされたかのようなハガキが届きます。連絡すると金銭を要求されます。
知らない団体や電話番号からのメールや着信、ハガキがきても、連絡しないようにしましょう。判断に迷うようであれば、まずは市消費生活センターにご相談ください。

※携帯電話番号同士でメッセージを送受信できるサービス

Copyright (C) 御殿場市消費生活センター All Rights Reserved.
Mag Board