活動報告
・ここは御殿場市国際交流協会の活動報告スペースです。
『第23回 日本語で話す会』 平成29年11月12日(日) 10時00分〜正午 @御殿場市民交流センター「ふじざくら」 交流ホール
御殿場市内在住の外国籍の子ども達が日頃の思いを日本語で発表する『第23回 日本語で話す会』が開催されました。本年度も市内の小・中学校をはじめ御殿場市教育委員会の先生方のご指導をいただき、市内8校の小中学校から発表者とその紹介者の児童・生徒、保護者代表の計20名が、それぞれの思いを日本語で発表しました。たくさんの聴衆が見守る中、発表者の皆さんは、家族のこと、頑張っていること、将来の夢、学校生活での思い出話、日本に来て感じたことなど、自分の考えを堂々と発表しました。会場からは大きな拍手が沸き起こり、来場者に深い感動を与えてくれました。
2017/11/20
GIA国際理解講座 『もっと知りたい台湾〜台湾茶の淹れ方と文化を学ぶ〜』平成29年10月15日(日) 14:00〜16:00 @御殿場市民会館 第7会議室
GIAでは、2020年の東京オリンピック・パラリンピックのホストタウンとして御殿場市と台湾が提携を結ぶこととなったことに着目し、国際理解講座 台湾編『もっと知りたい台湾〜中国茶の淹れ方と文化を学ぶ〜』を開催しました。講師に渡邉淑卿さん(沼津市在住、台湾出身)を迎え、台湾の文化や台湾茶の淹れ方について学びました。
講義の前半では台湾の交通事情や夜市、観光地や食文化等について学びました。後半では、渡邉さんからお茶の淹れ方を学び、実際に本格的な茶器を使った作法での台湾茶を味わいました。頂いたお茶菓子も日本では見かけない珍しいもので、皆さんから楽しかった、美味しかったとの多くの喜びの声を頂き、大変有意義な講座となりました。
2017/11/01
GIA海外料理講座 台湾編 「おいし〜い!台湾家庭料理」 平成29年9月23日(土) 午前9時30分〜正午 @御殿場市民会館 調理室
GIAでは、海外料理講座「台湾編」を開催しました。小山町在住の中本鳳蘭さんを講師に、講師の先生のサポートとして勝亦美恵子さんをお迎えし、台湾の家庭料理を学びました。
今回は大根の豚リブのスープ、青椒肉絲の炒飯、トマトの卵炒め、芋圓(台湾の芋団子デザート)の4品を作りました。4品も作るのは今回が初めてですが、皆さん一生懸命に調理に取り組み、先生方のサポートのもと、美味しい料理を作ることができました。今回作った料理は、台湾の田舎料理・昔料理とのことでした。普段味わうことがなかなかできない台湾料理に、皆さんから「好吃!(おいしい!)」の声が飛んできました。
2017/09/26
GIA College 語学講座 「英会話・中国語・ハングル」 平成29年9月〜11月 全10回 (金曜日:英会話、水曜日:中国語、木曜日:ハングル) 19時00分〜20時30分 @御殿場市民会館
GIAでは、GIA College英会話・中国語・ハングルの初級者向け講座を開講しました。英会話はハミルトン・ヒグビー先生、中国語は石田栄子先生、ハングルは彭美香先生を講師にお迎えし、発音練習などの基礎から文法まで充実した内容の授業を行っています。受講生の皆さんは和やかな雰囲気の中、先生方の細やかな指導のもと各々ご興味をお持ちの言語を熱心に勉強されていました。
2017/09/26
YOU☆Iサロン「Churrasco Verdadeiro!!(シュハスコ・ベルダデイロ)」 平成29年8月27日(日) 10時50分〜14時00分 @乙女森林公園 第1キャンプ場 参加者:105名
今年もGIAでは、市内在住ブラジル人の皆さんのご協力で、毎年恒例のシュハスコ・ベルダデイロ(本格ブラジル流バーベキュー)を開催しました。友人や家族と一緒に参加された方も多く、バーベキューを通して交流を深めました。ムラヤマ ローザさんがヴィナグレッチ、サトウ エリザベテさんがファロッファ、勝又るりさんがガーリックバターを、それぞれの家庭の味付けで作ってくれ、佳元ベラさんがお肉の下準備・味付け等を担当してくれました。後半はお楽しみ抽選会とスイカ割りも行い、夏の終わりに楽しい思い出ができました。おいしいものをたくさん食べて、いっぱい話して、楽しいひとときを過ごしました。
2017/09/11
『街かどガイドボランティア養成講座〜あなたの語学力・知識を生かしておもてなし!〜』 平成29年7月29日(土) 14:00〜16:30 @御殿場市民会館 第7会議室
毎年、国内外から多くの旅行者が御殿場市を訪れます。
道で、駅で、困っている旅行者がいる…。
教えてあげたいけど、どうしてよいのか分からない…。
この講座では、外国語で海外の方に観光案内をしてみたいと思っている方を対象に、『道案内の仕方、交通機関の案内、富士山についての心得』を総合的に学びました。

「“ボランティアガイド”と呼ばれる人たちに必要な要素」
関谷葉子さん(御厨おもてなし倶楽部 代表)からは、“ボランティアガイド”に最も必要な要素は言語ではなく、「コミュニケーション能力である」とし、良い第一印象の与え方や、知識・行動力などが必要であるとのお話を頂きました。ロールプレイングを交え、ボランティアガイドの面白さを参加者の皆さんに伝えて頂きました。

「富士山と御殿場地方の歴史、登山のポイントと富士山ルート」
勝亦直己さん(静岡県登録富士山世界遺産ガイド)をお迎えし、地球と富士山の歴史や、富士山と御殿場の古くからの関わり合いについてご紹介頂きました。また、富士山の富士登山中に起こりえる高山病等への対処法や、吉田口・富士宮口・須走口・御殿場口の4つのルートについてご説明頂きました。地元・御殿場在住の方々でも「初めて知った!」との声が多く、有意義な講座となりました。
2017/09/05
『姉妹都市ビーバートン市学生及び引率者受入事業』 平成29年7月6日(木) 〜 10日(月)
御殿場市と姉妹都市のアメリカ合衆国オレゴン州ビーバートン市にある、サンセットハイスクールとビーバートンハイスクールの学生と引率者、計13名が御殿場市を訪問しました。彼らは、オレゴン異文化交流協会の『オレゴン教育ホームステイ学生団』のメンバーとして来日し、岐阜県に滞在後、御殿場市を訪れました。当市では、御殿場市・小山町の13家庭にホームステイをして過ごしました。
学生たちは6日の夕方に到着し、受け入れ先のホストファミリーに迎えられました。7日は、若林市長を表敬訪問後、県立御殿場南高等学校を訪れました。英語の授業では生徒たちと一緒に勉強し、放課後には部活動を見学・体験しました。ビーバートンの学生は日本の高校生活を経験する中で、南高の生徒と交流を深めました。8、9日両日はそれぞれのホストファミリーと楽しく過ごし、10日の午前に御殿場を発ちました。滞在期間中は、ホストファミリーをはじめ皆様のご協力によって、無事に学生たちと引率者を受け入れることが出来ました。ありがとうございました。
2017/08/15
YOU☆I サロン「ふじ山教室親子ボウリング大会」 平成29年6月11日(日) 9:30〜13:00 @御殿場パークレーンズ
GIAでは、ゆうあいサロン「ふじ山教室親子ボウリング大会」を開催しました。御殿場市外国籍児童・生徒補習教室「ふじ山教室」に通う児童・生徒とその家族が参加しました。久しぶりに親子同士で会う家族もみられ、ボウリングを通じて会話も弾み、思い出に残る楽しい大会になりました。
2017/06/12
『アイシング クワイア合唱団&御殿場 交流会』平成29年5月30日(火)19時00分〜21時00分 @御殿場高原ホテル さくらの間
30日(火)、一行は朝から箱根を観光し、午後は市内の「キリンディスティラリー」を見学しました。夜は、「アイシング クワイア合唱団&御殿場 交流会」が開かれ、若林市長をはじめ「アイシング クワイア合唱団 演奏会」のためにご協力いただいた各方面の皆さまにご参加いただき、GIA通訳ボランティアの皆さんにご協力いただきながら言葉の壁を越え、会話が弾み和やかな笑顔の絶えない楽しいひと時を過ごしました。会場では、【「御殿場みくりやそば」あなたのそばで振舞隊】も出店していただき、温かいおそばを提供してくれました。宴たけなわには、アイシング クワイア合唱団からサプライズで歌のプレゼントがあり、会場中に響き渡る歌声に、参加者の皆さんはとても感激していました。最後には29日の演奏会で歌われた『上を向いて歩こう』を全員で合唱し、大盛況のうちに終わりました。今年は御殿場市からビーバートン市に訪問する年にあたり、それに先駆けて事前に交流する良い機会になり、これからも続く姉妹都市の友好関係をさらに深めるための貴重な会となりました。

御殿場滞在最終日の31日(水)は、市内施設の「秩父宮記念公園」、「とらや工房」、「東山旧岸邸」を見学しアイシング クワイア合唱団の2泊3日の御殿場市滞在日程が終了しました。この事業には、多くの方にご協力をいただきました。御殿場市滞在日程を計画していただいた「御殿場旅行」さま、演奏会でご協力いただいた皆さま、交流会ではアイシング クワイア合唱団への記念品のために、ご厚意でオリジナル金属アートを制作してくださった「檜工業株式会社」さまと差し入れしてくださった「キリンディスティラリー」さま、その他多くの皆さま、本当にお世話になりました。心から感謝申し上げます。
2017/06/08
ビーバートン市姉妹都市提携30周年記念事業『アイシング クワイア合唱団 演奏会』平成29年5月29日(月)18:30〜20:15 主催:御殿場市国際交流協会 共催:御殿場市・御殿場市民会館@御殿場市民会館大ホール
GIAでは、5月29日(月)に、ビーバートン市姉妹都市提携30周年記念事業『アイシング クワイア合唱団 演奏会』を開催しました。「アイシング クワイア合唱団」は、アメリカ オレゴン州ビーバートンド市を中心に活動している合唱団で、地元のホームレスや公益財団、芸術と文化の組織などのためのチャリティー公演をして寄付金を募っています。監督のステファン・ガルバンさんと奥様のレベッカさんは2012年(平成24年)姉妹都市提携25周年記念訪問団員として御殿場市を訪れています。一行は29日の昼頃御殿場市に入り、「たくみの郷」、「旧石田家」にて昼食後、「富士山樹空の森」を見学しました。18:30から行われた演奏会は、平日の夜にもかかわらず大勢の方々が聴きに来てくださいました。土屋会長の挨拶で始まり、続いて瀧口副市長から若林市長のメッセージ代読、ガルバン監督の挨拶がありました。オープニングは、アイシング クワイア合唱団はアメリカ国歌を、来場された皆さまは歓迎の意を込めて日本の国歌を歌い、両国をたたえ合いました。2部構成の1部は、アイシング クワイア合唱団が12曲を歌いました。和太鼓を使ったり、時にはメンバー全員が壇上から客席側に降り立ち、来場者の皆さんを大きく囲む形で歌うなど、工夫も凝らし終始楽しませてくれました。2部では、御殿場市で活動している13の合唱団から約180名が参加協力し、『荒城の月』、『上を向いて歩こう』を合同合唱しました。息の合った歌声は素晴らしい合唱となり、さらに会場を盛り上げました。終了時には、美しい歌声を披露してくれたアイシング クワイア合唱団に、来場者の皆さんは割れんばかりの拍手で感動と感謝の意を表していました。
2017/06/08
- Topics Board