世界文化遺産「富士山」

更新日: 2016年10月14日

世界文化遺産

世界文化遺産「富士山」

御殿場市は富士山の麓にあって、美しい景観をはじめ、富士山から多くの恵みを受け、私たちの生活・文化は富士山と密接に関わっています。富士山の荘厳で崇高な姿は、日本人の自然に対する信仰のあり方やわが国独特の芸術文化を育むと共に、葛飾北斎などの浮世絵を通じて西洋芸術にも影響を与えました。


富士山眺望遺産

御殿場市では富士山眺望遺産として5ヶ所を決定しました。御殿場にお越しいただき、富士山眺望遺産からの素晴らしい富士山をご覧ください。

富士山眺望遺産map

[1]富士山御殿場口

富士山御殿場口

標高約1450 mから、双子山越しに宝永山と山頂が望めます。登山口のひとつとして歴史的価値も高く、富士登山やハイキング、イベントなどで多くの観光客が訪れるほか、駐車場が整備されており、ドライブの目的地としても人気です。

[2]富士仏舎利塔平和公園

富士仏舎利塔平和公園

園内は様々な植栽が季節毎に表情を変え、春の桜や秋の紅葉、四季折々の富士山との調和が楽しめます。50年以上の歴史があり、また、誰でも立ち入ることが出来ることから、市民に親しまれ多くの観光客でにぎわっています。

[3]乙女の鐘(乙女峠)

乙女の鐘(乙女峠)

乙女トンネルの手前にある「ふじみ茶屋」の駐車場から入ることができます。箱根外輪山の峠付近からの眺望は、富士山を正面に見据えることができ、眼下にはその裾野に抱かれた御殿場の市街を見下ろせます。

[4]夢の大橋(御殿場プレミアム・アウトレット)

夢の大橋(御殿場プレミアム・アウトレット)

アウトレット内にある夢の大橋は40 年以上歴史があり、橋は富士山に一直線に向かっていて、歩きながら眺望できます。またモール空間は、低層の建物に植栽や緑地を施し広大な敷地ながら統一感のある景観を形成し、富士山とみごとに調和しています。

[5]富士松天望台

富士松天望台

駐車場は斜面から突き出た展望台となっており、御殿場の市街越しに富士・愛鷹の連峰が一望できます。富士松天望レストランにある風車は、40 年以上の歴史があり平成20 年に改修され、今では誰でも立ち寄りやすい観光施設として親しまれています。