防災・安全

御殿場市交通指導員会の紹介

御殿場市交通指導員会の発足

子供の交通事故防止については、登下校時にPTA役員並びに先生が街頭指導を行ってきましたが、昭和47年2月に御殿場市民間交通指導員会が発足しました。翌年4月1日より御殿場市交通指導員会に改称し、日々の街頭指導を通して、1件でも悲惨な交通事故が減るように活動しています。今では、「民交さん、指導員さん」として地域の子ども・住民から親しまれ、市内で約50名の交通指導員が活躍しています。

活動について

  1. 児童、園児等の登下校時の街頭指導(週3回)
  2. 一般歩行者、自転車走行者に対する横断の方法及び信号遵守等の指導
  3. 車両運転者に対し交通規制区間の教示
  4. その他市長の要請すること(交通安全運動等)
指導員1 指導員2 指導員3 指導員4

交通指導員の募集について

あなたも街頭に立って、子どもの登下校を見守りませんか?子どもたちの笑顔と元気なあいさつが、あなたに更なる元気をくれるはずです。この活動に興味を持たれた方は、御殿場市交通指導員会事務局(御殿場市役所くらしの安全課)までお問い合わせください。

お問い合わせ:市役所1階 くらしの安全課 TEL:0550-82-4123