防災・安全

災害時の対応

落ち着いて身の安全を

(1)机やテーブルに身をかくす

  • 揺れを感じたら、まず丈夫な机やテーブルなどの下に身をかくしましょう。
  • 座ぶとんなどが身近にあれば、頭部を保護しましょう。
机やテーブルに身をかくす

(2)非常脱出口の確保

  • 揺れを感じたら、玄関などの扉を開けて非常脱出口を確保しましょう。
非常脱出口の確保

(3)あわてて外へ飛び出すな

  • 大揺れは1分程度でおさまるので周囲の状況をよく確かめ、あわてて外へ飛び出すことなく落ち着いて行動しましょう。
あわてて外へ飛び出すな

火災の発生防止

(1)地震!すばやく火の始末を

  • 使用中のガス器具、ストーブなどは、すばやく火を消しましょう。
  • ガス機器は元栓を締め、電気機器は電源プラグを抜きましょう。
  • 地震後に避難する場合は、ブレーカーを切ってから避難しましょう。
    (地震により電気機器が転倒したりして、燃えやすい散乱物などに接触し出火することがあります)

(2)火が出たらまず消火を

  • 万一出火したら、まず消化器や三角バケツなどの消火用具でボヤのうちに消し止めましょう。
  • 大声で隣近所に声をかけ、みんなで協力しあって初期消火に努めましょう。
火が出たらまず消火を

応急救護

  • 軽いケガなどの処置は、みんながお互いに協力し合って応急救護をしましょう。
応急救護

救出

  • 建物の倒壊や落下物などの下敷きになった人がいたら、地域のみんなが協力しあって救出活動を行いましょう。
救出

避難

(1)避難は徒歩で、持物は最小限に

  • 避難をするときは必ず徒歩で避難しましょう。
  • 服装は、活動しやすいものにしましょう。
  • 携帯品は、必需品のみにして、背負うようにしましょう。
避難は徒歩で、持物は最小限に

(2)津波に注意

  • 強い地震(震度4程度以上)を感じたとき、または弱い地震であっても長い時間ゆっくりとした揺れを感じたときは、直ちに海浜から離れ、急いで高台になどの安全な場所へ避難しましょう。
  • ラジオなどで津波情報をよく聞きましょう。
津波に注意

(3)山崩れ、がけ崩れに注意

  • 山ぎわや急傾斜地域では、山崩れ、がけ崩れが起こりやすいので、自分ですばやく決断し、ただちに避難しましょう。
山崩れ、がけ崩れに注意

お問い合わせ

危機管理課 TEL:0550-82-4370