防災・安全

もしもの時に備えて

近年、東海地震に加え、神奈川県西部地震の発生、また富士山噴火への感心が高まっています。

地震や噴火はいつ発生するか分かりません。市民一人ひとりが「自らの命は自らで守る、自らの地域は皆で守る」を合い言葉に、日ごろから地震や噴火に対する心得を頭に入れておきましょう。

御殿場市は、東海地震により大きな被害を受けることが想定されています。自分(家族)の命を守るために、日頃からの備えが大切です。

日ごろの対策

  • 家屋の耐震診断をしておく。
  • 家具の転倒・落下防止をしておく。
  • 出火防止の対策をしておく。
  • 食料・飲料水の備蓄をしておく。
  • 非常持ち出し品の準備をしておく。
  • ブロック塀などの点検をし、改善しておく。
  • 避難場所、避難経路を確認しておく。
  • 家族の役割分担を決めておく。

★関連情報[絵で見る普段の対策]のページヘ

地震対策事業及び助成制度

御殿場市においては予想される東海地震からひとりでも多くの生命を救うため、地震対策事業及び助成制度を推進しています。

家庭内家具等転倒防止推進事業について

地震が起きたとき、部屋の中の家具が倒れたりしてケガをすることがあります。市では市内に住民登録のある世帯を対象に家庭内の家具等を固定する費用の補助を行っています。申請は、市役所3階防危機管理課または市役所各支所・駅前サービスセンターにある申請書に必要事項を記入・押印して提出してください。

自助・共助・防災資機材等のチェックリスト

家庭内対策、自主防災活動、防災資機材/防災用品の保管について、どの程度の対策が出来ているか、下記のチェックリストを活用し確認してみましょう。

災害時要援護者避難支援計画 様式集

全体計画

協定書

災害時要援護者リスト

個別計画

地震などが起きたときの心得

  • まず、我が身の安全を。
  • 素早く火の始末。
  • 火が出たら、すぐ消火。
  • あわてて外に飛び出さない。
  • 狭い路地、塀際には近付かない。
  • 山崩れ、がけ崩れに注意。
  • 避難は徒歩で、持ち物は少なく。
  • 協力し合って応急救護。
  • 正しい情報をつかむ。
  • 秩序を守り、衛生に注意

静岡県第4次地震被害想定

静岡県第4次被害想定とは、駿河トラフ・南海トラフ沿いと相模トラフ沿いで発生するレベル1とレベル2の地震・津波による震度分布や津波高、浸水域等の自然現象の想定結果と、その地震・津波による人的被害、物理的被害の想定結果及びライフラインや交通施設等の被害、経済被害等を取りまとめるとともに、災害対策を行ううえで重要な視点、タイミングを明らかにした被害・対応シナリオのことです。

プロジェクトTOUKAI(倒壊)-ゼロ

静岡県では、地震発生時の人的被害を最小限に抑えるため、家庭内の安全対策に重点とした地震対策を開始しました。

御殿場市の防災対策

御殿場市の防災対策御殿場市でのおもな防災対策事業は、

  1. 避難地、救護所の整備
  2. 100tタンクによる飲料水の確保
  3. 非常食・防災資機材の備蓄
  4. 自主防災組織の育成
  5. 防災訓練

の実施等をおこなっています。